台風被害から8カ月経て全面開通 太田・金山のハイキングコース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 昨年10月の台風21号の被害を受け、一部が通行止めとなっている群馬県太田市の金山総合公園のハイキングコースが7月、およそ8カ月ぶりに全面開通する。コースは日本100名城の金山城跡とぐんまこどもの国をつなぐ自然豊かな遊歩道。夏の行楽シーズンに間に合い、地元から復旧を喜ぶ声が上がっている。

 県太田土木事務所によると、通行止めとなっているのはぐんまこどもの国と金山城本丸跡の新田神社を結ぶ約1キロの区間。台風の大雨で山肌が崩れ、こどもの国東側の沢にかかる木の橋も流されていた。今年2月から崩れた部分の盛り土や沢の護岸工事を行い、29日に完了する予定。7月上旬に安全面を最終確認した上で、通行止めを解除する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事