「国内外に魅力発信」 高崎観光協会が駅に事務所移転し式典
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テープカットする阿久沢理事長(左から2人目)や富岡市長(同3人目)ら
高崎モントレー2階の新事務所

 群馬県の高崎観光協会(阿久沢茂理事長)の事務所開所式が30日、JR高崎駅構内の高崎モントレー2階の新事務所で開かれた。安藤震太郎会長ら関係者4人がテープカットを行い、新たな門出を祝った。

 阿久沢理事長は「魅力を国内外に発信し、市内がより豊かになることを目指す。職員一同気持ちを引き締め、地域振興に尽力する」とあいさつ。富岡賢治市長が「協会の役割は年々大きくなっている。今後も高崎のブランド向上を担ってほしい」と期待を寄せた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事