DC誘客 県と連携 桐生、太田、みどり市が要望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
道路網の整備などについて要望する亀山桐生市長(左から2人目)

 群馬県と桐生、太田、みどり3市の懇談会が4日、桐生市の桐生商工会議所で開かれ、2020年春に本県で行われる大型観光企画のデスティネーションキャンペーン(DC)の取り組みや3市の要望について意見交換した。

 県は「市町村や関係団体と連携し、さまざまな取り組みを発信して誘客促進に取り組みたい」とし、DC(20年4~6月)の実施内容を説明。亀山豊文桐生市長は「期間中だけでなく、引き続いての各イベントのPRもお願いしたい」と要望した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事