外国人の割合 群馬は全国3位 人口動態調査 大泉は最多7585人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 総務省は11日、今年1月1日時点の住民基本台帳に基づく人口動態調査を発表した。群馬県の総人口に占める外国人の割合は2.69%で東京、愛知に次いで3番目に高かった。町村部の全国比較で、外国人数は大泉町が最多の7585人で、老年人口(65歳以上、日本人)の割合は南牧村の61.63%が最高だった。

 総人口に占める外国人割合は1位の東京が3.82%で、2位の愛知は3.12%。群馬は前年を0.26ポイント上回った。大泉町の外国人は前年から405人増えた。自然増は町村部トップの85人で、社会増は2番目の320人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事