歳入歳出が2年ぶり増 17年度県一般会計 決算見込み
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年度一般会計決算見込み(速報)について、群馬県は17日、歳入は前年度比1.4%増の7349億円、歳出は1.6%増の7277億円といずれも2年ぶりに前年度を上回ったと発表した。地方交付税の振り替えとなる臨時財政対策債(臨財債)を含む県債残高(借金)は2.2%増の1兆2276億円と11年連続で増加し、過去最多を更新した。

 翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた実質収支は32億円の黒字で、財政調整基金などの積立基金の年度末残高は18.5%減の130億円。臨財債を除く県債残高は1.8%増の6892億円と、8年ぶりに増加に転じた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事