釜めし器でアヒージョ 荻野屋が新業態の洋食店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
荻野屋が高崎モントレー5階に開業した新業態のビュッフェ&バル「ラ ロッカ」

◎高崎モントレーにビュッフェ&バル

 「峠の釜めし」で知られる荻野屋(安中市松井田町横川、高見沢志和社長)は20日、新業態のビュッフェ&バル「La Rocca(ラ ロッカ)」を、JR高崎駅構内の高崎モントレー5階に開店した。創業130年を超える同社として洋食を提供する店は初めてで、県産食材を使った料理を多数用意。同店を基幹店とし、ニーズをみながら多店舗展開を検討していく。

 時間帯別に料理の提供方法を変更する。ランチはビュッフェスタイルで、数種類のサラダのほか、ステーキやハンバーグ、パスタ、ピラフ、スープなどを用意。通常価格は1500円で、7月中は1200円とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事