地域交通維持を国に要望 5県知事

 【新潟=小沢宜信】群馬、福島、茨城、栃木、新潟の5県の知事をメンバーとする 北関東磐越五県知事会議が20日、新潟県南魚沼市で開かれた。西日本豪雨や2015年の関東・東北豪雨を踏まえ、河川整備に必要な予算の確保や迅速な避難に向けた取り組みの推進など、8項目からなる要望書を国に出すことを決めた。

 西日本豪雨で河川の氾濫や土砂流出が多くの人命と財産を奪ったことを受け、氾濫防止策や逃げ遅れる住民をなくすための対策を急ぐよう明記した。福島県の内堀雅雄知事はハード、ソフト両面の対策強化が必要と強調。大沢正明知事は「逃げる意識を醸成することが大事だ」と訴えた。

関連記事
県内ニュース > 政治・経済の記事