《NIB》「公益性高いと記事に」 近ツリ支店で講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスにおける新聞の活用法を学ぶ参加者

 社会人に新聞の活用法を学んでもらう上毛新聞社の「NIB」出前講座が24日、群馬県高崎市内で開かれ、近畿日本ツーリスト関東ぐんま支店(同市)の10人がビジネスにおける新聞の活用法を学んだ。

 高崎支社報道部の塚越毅次長が、新聞製作の流れや観光業界にまつわる県内ニュースの動きを紹介。どんな情報発信が記事として扱われるのかという質問に対し、「公益性が高かったり、取り組みが珍しかったりすると、情報を受け取った記者の関心が高まる」と述べた。

 参加した牛込早紀さん(24)は「新聞は毎日読んでいる。レイアウトの方法や記事の書き方を聞き、より読みやすくなると思う」と話していた。

***
 上毛新聞社は、出前講座を希望する学校・企業・団体を受け付けています。問い合わせはNIE・NIB推進委事務局(027・254・9885)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事