道の駅来場3万人増 上武道路全通で周辺5駅
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年3月に全線開通した国道17号上武道路(40.5キロ)について、国土交通省高崎河川国道事務所は30日、周辺の道の駅の来場者が前年より約3万人増えたなどとする整備効果を発表した。

 道の駅よしおか温泉(吉岡町)、こもち(渋川市)、ふじみ(前橋市)、ぐりーんふらわー牧場・大胡(同)、赤城の恵(同)の5駅の来場者が年間で計約33万人から計約36万人になった。キャベツの一大産地である嬬恋エリアなどの生産地と東京圏をつなぐ新たな物流ネットワークも形成されたとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事