自動運転周辺サービス 群馬大と電通 共同研究協定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動運転技術の実用化を目指す群馬大(平塚浩士学長)は7日、広告代理店の電通と、自動運転車で利用可能な双方向型のコミュニケーション手段や広告などの配信方法について共同研究するとの協定を締結した。

 自動運転の価値を高める周辺サービスの向上を目指す。具体的な研究内容を詰めた上で、共同研究契約を結ぶ方針。双方の合意があれば年度末に協定を更新する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事