農産物の安全 国際基準 勢多農林高がアジアGAP取得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「アジアGAP」を取得した勢多農林高。キュウリの袋詰めは帽子をかぶり行うよう徹底した

 土作りから生産、出荷、販売まで農産物の安全性を見える化する第三者認証の一つ「ASIA(アジア)GAP」を勢多農林高(福島実校長)が取得した。高校としては国内2例目で、群馬県内でも県立農林大学校に次いで2例目。GAPは2020年の東京五輪・パラリンピックの食材調達基準としても注目されており、今後も五輪を見据えて県内で取得を目指す動きが活発になりそうだ。

 GAPは生産活動の各工程を正確に記録するなどし、農作物の安全性を示す取り組み。日本GAP協会(東京)が設けるJGAPやアジアGAPなどが代表的だ。欧州を中心に普及しているグローバルGAPもあり、国内外の市場へのPRになるとして、関心が高まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事