群馬の女性社長は7.21% 全国平均を下回る 帝国データバンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県に本社を置く企業のうち、女性が社長に就いているのは7.21%だったことが、帝国データバンク群馬支店の調査で分かった。30年前に比べて約2.2倍となっているものの、全国平均の7.78%を下回った。

 2017年の調査と比べて0.1ポイント増加した。30年前の1988年が3.3%、2008年が5.1%と緩やかに上昇している。最下位の岐阜県は5.17%だった。同支店は群馬県の順位について「群馬で多い自動車製造関連の企業に、女性社長が少ないことを反映している」とみている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事