シニア再就職 支援 55歳以上の相談窓口 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経験豊富で能力、意欲のある高齢者に活躍の場を提供しようと、群馬県や商工団体などでつくる「赤城山プロジェクト協議会」は、55歳以上に限定した「生涯現役シニア相談窓口」をジョブセンターまえばし(前橋市大渡町)に開設した。専門の相談員が面談し、企業への再就職や希望する働き方の実現をサポートする。

 さまざな業種で人手不足感が強まる中、就職したくても働き口が決まらないミスマッチが起きやすい高齢者を手厚く支援し、人材不足に悩む企業との橋渡しをするのが狙い。

 相談窓口にはカウンセラーと求人を開拓する企業巡回担当者を各2人配置した。単純労働に加え、専門的な技術や知識を生かした業務を紹介することも想定し、就農や起業などに関する相談も受け付ける。

 厚生労働省の生涯現役促進地域連携事業として、シニア世代がさまざまな分野で活躍する地域づくりをする3カ年のプロジェクトの一環。計190人の高齢者の就業を目標に、高齢者と企業向けのセミナーや意見交換会、企業の意識調査なども行う。

 県労働政策課は「少子高齢化の進展で高齢者が本県経済を支える必要性が高まっている。企業と高齢者のマッチングを進めたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事