留学生の就職支援 みなかみで企業見学ツアー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月夜野びーどろパークを見学する留学生ら

 群馬県内の大学や日本語学校などで学ぶ外国人留学生を対象に県内の企業を見学するバスツアーが23日、みなかみ町で行われた。ベトナムやネパール、アゼルバイジャン、中国、台湾などの学生ら13人が、県内企業への就職に向けて意欲を高めた。

 今年4月にインドネシア出身の男性を採用した上越クリスタル硝子では、運営する月夜野びーどろパークの工場や土産売り場などを見て回った。

 タイ出身の専門学校生、ニーマロン・ニティヤーさん(31)は「みなかみはタイの観光客が多く、町内の企業に就職したい」と話した。一行は法師温泉長寿館も訪問した。

 ツアーは、卒業後も県内に定着し活躍してもらおうと、県が2015年度から実施。外国人を雇用する企業や特色ある企業を紹介している。9月14日には高崎、桐生両市で行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事