「たてラ」売り出せ  ラーメンファン意見交換 ハーフサイズや案内アプリ提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の館林市を「ラーメンのまち」として売り出すため、市内の店に通うファンがアイデアを出し合う「みんなの『たてラ』ミーティング」が24日夜、同市のラーメン店で初めて開かれた。市内外の26人が意見を交換した=写真

 たてラは「館林ラーメン」の通称。今回はその定義や、名物として売り出すための方策を話し合った。参加者からは案内アプリの開発や、食べ歩き用にハーフサイズの提供を呼び掛けることなども提案された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事