《NIE》紙面に正しい日本語 「明寿大学」で出前講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 教育や生涯学習に新聞を活用する「NIE」の一環で、上毛新聞社の出前講座が27日、前橋市中央公民館で開かれた。高齢者教室「明寿大学」の学級生374人が、新聞の歴史や正しい日本語の使い方について学んだ=写真

 編集局NIE担当の子安悟記者が講師を務め、新聞の歴史を振り返った。「ら抜き言葉」など、誤った日本語の用法についても触れ「紙面では正しい言葉を使って、日本語の良さを残していきたい」と話した。

 明寿大学は同公民館が主催し、60歳以上の市民を対象に、講座やクラブ活動などを定期的に開いている。

*****  
 上毛新聞社は、出前講座を希望する学校・企業・団体を受け付けています。問い合わせはNIE・NIB推進委事務局(027・254・9885)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事