多国籍共生 観光に 活用向け推進委 伊勢崎商工会議所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
事業の目的などを確認した推進委員会の初会合

 多国籍の外国人住民が共生するなど群馬県伊勢崎市の特色を観光商品開発につなげようと、伊勢崎商工会議所(古賀友二会頭)は29日、事業の具体化について検討する推進委員会を設置した。

 事業名は「多様な工場と外国人コミュニティを活用した産業観光の可能性調査」で、日本商工会議所の全国展開プロジェクトに採択された。ターゲットを絞り込むため、初年度は観光に関する現状調査などを行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事