レジャー、自動車事故、熱中症… 「1日保険」に注目集まる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「1DAYレジャー保険」をPRする三井住友海上火災保険群馬支店の社員

 山登りなど日帰りのレジャーや自動車運転でのけがや事故に備え、1日単位で加入できる保険商品が注目されている。今夏の猛暑を受け熱中症特約の需要も増加。秋の行楽シーズンを前に、商品を取り扱う群馬県内各社は、必要な分だけ保険料を負担したり、スマートフォンなどで申し込みができたりする手軽さを売り込む。

 損保ジャパン日本興亜は、イベント参加者のけがを補償するレクリエーション保険があり、今年1月の補償対象の改訂で、熱中症の特約が付けられる。群馬支店(前橋市)は「熱中症で倒れるリスクが増えてきている。今年は特に暑かったので注目された」と説明する。2019年1月からは、12時間単位で加入できる自動車保険も取り扱う。 三井住友海上火災保険は今年4月から、1日単位でけがや損害を補償する「1DAY(ワンデイ)レジャー保険」を販売。500円から加入でき、レジャー全般、ゴルフ、ハイキング、スキー・スノーボードの4種類から選べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事