立候補予定者に公開アンケート みなかみ町議選で地元の女性団体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県みなかみ町の前田善成町長が自身のセクハラ問題を巡って町議会を解散したことに伴う町議選(4日告示、9日投開票)で、町内の女性団体「こぶしの会」は、立候補予定者を対象に公約などを尋ねるアンケートを実施すると発表した。回答を3日に締め切り、インターネットなどで結果を公表する。

 アンケートの設問は「今回の選挙の最大の争点は何だと考えるか」「公約は何か」の二つ。回答がない候補は無回答の旨を公表するとしている。

 今回の町議選が任期満了に伴うものでなく、有権者が投票の判断材料を得る十分な時間がなかったとして、候補者の考えを有権者に伝えるため、アンケート実施に踏み切った。会員は「町民が選挙に関心を持つために、町民自身が動くことが大事だと思った」と話した。

 「こぶしの会」は、4月に起きた前田町長のセクハラ問題以降、町政に問題意識を持った女性有志10人ほどで結成した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事