バスケ特待制度 サンダーズコーチ指導 通信制わせがく高が来年度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通信制高校のわせがく高校を運営する早稲田学園(千葉県)が来年度、前橋、太田両市のキャンパスの生徒を対象にバスケットボールの特待生制度を導入する。募集は年5人程度で、男子プロリーグ所属の群馬クレインサンダーズのコーチが指導し、中学時代の実績に応じて授業料を減免する。

 いずれかのキャンパスに週5日通うことが条件で、新設する3人制バスケットボールのチームへの所属も義務付ける。体育の授業などを練習時間に充て、3年間での卒業に支障が出ないようカリキュラムを組む。スポーツビジネスの現場体験を希望する生徒をサンダーズのホーム戦のボランティアスタッフとして派遣することも検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事