自民国会議員ら首相支持で集会 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日告示の自民党総裁選(20日投開票)に向け、安倍晋三首相(党総裁)の連続3選を目指す集会が2日、前橋市内で開かれた。党県連所属国会議員の有志7人が呼び掛け人となり、県内の党員約250人が出席した。

 衆院議員の尾身朝子、福田達夫、上野宏史、中曽根康隆の4氏と、参院議員の中曽根弘文、山本一太、羽生田俊の3氏が呼び掛け人となり、県議は約10人が出席した。

 呼び掛け人を代表し、山本氏は「総裁選というオープンな議論の場は、党の政策を世の中にアピールする最高の舞台。安倍総裁に3選を果たしていただくのが国益だと信じている」と支持を訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事