有賀園ゴルフ 都心にアプローチ 3年で10店展開へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
13日に開業する「新橋TOKYO店」のイメージ

 群馬県に本社多くゴルフ用品販売の有賀園ゴルフ(高崎市下之城町、有賀史剛社長)は、東京都心部への出店を加速させる。今月13日にJR新橋駅前に新店舗を開業。低価格商品を扱う周辺の競合店に比べて高価格帯のクラブを取りそろえ、本格志向のゴルファーを取り込む。これまで郊外路面店を主力に展開してきたが、山手線周辺に今後3年をめどに約10店舗の出店を計画。新規顧客の開拓につなげる。

 13日に開業するのは「新橋TOKYO店」で、駅前のSL広場に近いビルの1、2階に入居する。売り場面積約700平方メートルと、同社の都内店舗として最大級となる。駅の利用者や、近隣で働く会社員の来店を狙う。同社は これまで郊外のロードサイドで 大型店を中心に展開してきた。都内では、小田急・新宿ハルクスポーツ店(新宿区)、池袋東武店(豊島区)といった商業施設に小型店を出店している。今後は新橋店を皮切りに、銀座や神田、目黒、五反田といった地域への出店を検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事