地元事業者が海外進出探る 桐生商工会議所

 中小企業の海外展開を支援するセミナーが、群馬県の桐生商工会議所で開かれた。地元事業所の経営者ら100人が、海外ビジネスの現状を学び、海外進出の可能性を探った。

 日本政策金融公庫上海駐在員事務所の中山裕介さんが、中国に進出している日本企業の最新動向を解説。人件費を含む生産コストの上昇など現状の課題を挙げ、「現地の人と信頼できるパートナーシップを築くことが重要」と訴えた。

関連記事
県内ニュース > 政治・経済の記事