防災・減災に重点 37億2300万円を増額 知事が補正予算案発表

 大沢正明群馬県知事は10日、37億2300万円を増額する本年度一般会計9月補正予算案を発表した。多発する豪雨災害を踏まえた河川改修など防災・減災対策に重点配分し、地方創生関連の交付金を活用した各種事業にも取り組む。

 大沢知事は会見で、「県民生活に関わる緊急の課題に適切に対応するために編成した」と述べた。補正後の予算総額は前年度比2.6%増の7497億9500万円となる。18日開会の県議会第3回定例会に予算案を提出する。

関連記事
県内ニュース > 政治・経済の記事