3廃校利活用 事業者募る 渋川

 群馬県渋川市内3カ所の廃校施設について、市は民間事業者から地域活性化につながる利活用の提案を募集する。応募期間は10月1日~11月9日。現地説明会や書類審査、プレゼンテーションを経て来年1月に優先交渉権者を決め、4月以降に賃貸借契約を結ぶ。

 対象は2014年3月に閉校した旧上白井小、17年3月に閉校した旧南雲小と旧刀川小。建物の解体はできず、改修や立木伐採などの費用は事業者が負担する。賃貸借契約期間は10年または20年。廃校施設はそれぞれ地域のシンボルだったことから、地域活性化や雇用創出、住民の交流、防災機能の維持に貢献することを求める。

関連記事
県内ニュース > 政治・経済の記事