コシダカ「ゼロカラ」強化へ 安中総合高ダンス部出演でPR動画
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
岡田さん(前列左から2人目)と一緒に踊るダンス部員(コシダカ提供)

 「カラオケまねきねこ」を全国展開する群馬県のコシダカ(前橋市大友町、腰高博社長)が、高校生の集客を強化している。2人以上で来店し飲み物などを1人1品頼むと室料が無料になる「ZERO(ゼロ)カラ」が好評で、勉強などカラオケ以外の利用も拡大。同社は14日、タレントの岡田結実さんが出演し、安中総合学園高ダンス部が協力した新動画「カラオケルームは二刀流どころじゃない。」の配信を始めた。

 今回のPR動画は、パーティー使用を促すため、ダンスをする様子を流すことを企画。振り付けはパパイヤ鈴木さんが担当した。動画はダンス部の2、3年生15人が協力出演した。今月16日に全国大会を控えており、青木一由監督は「大会などと違った踊りだった。全国でもこの経験を生かせれば」と話す。ユーチューブやツイッター、インスタグラムで見られるほか、まねきねこ各店で流している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事