前田氏は不出馬意向 みなかみ町長選 後援会と相談後最終決断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10日に辞職願を提出した際に群馬県庁で行われた記者会見では今後について「先については現時点では考える余裕がない」としていた(9月11日付より)

 群馬県みなかみ町の前田善成町長が辞職願を提出したことに伴う町長選について、前田町長は14日、上毛新聞の取材に対し、立候補しない意向を明らかにした。近く後援会と相談する場を設けて決断を下すという。

 前田町長は「再出馬する前提なら、議会を解散していない」とし、「一番近くで応援してくれた人たちと相談し、判断してもらいたい」と述べた。10日の会見では町長選出馬について「現時点では何も考えられない」と明言を避けていた。

 一部の町議が18日の議会で町長に対する不信任決議案を再提出する方向で調整を進めており、上毛新聞の取材では当選者18人全員が、決議案が出された場合に賛成するとしている。可決されれば前田町長は失職する。

 町長選を巡っては、出馬を模索する動きがあるが、意向を表明した人はいない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事