オフィスで冷凍パン 300社展開目指す 桐生のパンフォーユー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
試験運用でオフィスに設置したパン専用の冷凍庫

 冷凍パンの宅配サービスを手掛ける群馬県のパンフォーユー(桐生市本町、矢野健太社長)は19日、全国の事業所向け配達サービスを開始したと発表した。オフィスで保管された冷凍パンを電子レンジで加熱して食べられる手軽さが売り。福利厚生のため導入する企業の需要が高いとみて、2019年中に配達先300社の確保を目指す。

 事業所向けサービスは「パンフォーユー・オフィス」。オフィスの規模や利用頻度に合わせて二つのコースを用意する。専用の冷凍庫ごと貸し出すプラン(企業負担月額1万円~)は、パンの補充や料金の回収、冷凍庫の管理などを同社が行う。セルフプラン(同5000円~)は契約企業が配達されたパンを買い取って事業所内の冷蔵庫の冷凍スペースに保管。パンの代金は企業側が管理する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事