アウトレット出店加速 5年で全国20店目指す 有賀園ゴルフ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴルフ用品販売の有賀園ゴルフ(群馬県高崎市下之城町、有賀史剛社長)は、アウトレットモールへの出店を加速する。28日に富山県の三井アウトレットパーク北陸小矢部、10月4日に埼玉県越谷市のレイクタウンアウトレットに相次いで開店する。4月に宮崎市のリゾート施設にアウトレット店を開業したが、モールへの出店は初めて。今後も全国で出店を進め、アウトレット店を5年間で20店体制とする計画だ。

 富山、埼玉県の両店舗とも売り場面積は約150平方メートル。クラブやウエア、ボールなど自社製品をはじめ、40~50ブランドをそろえる。既存店では高価格帯のクラブやウエアも扱うが、アウトレット店では「平均で5割引き程度の価格で販売する」(同社)予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事