高校再編は早期に協議 県教委、利根沼田関係者と 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県利根沼田地区の高校再編整備計画の早期策定要望が強まっていることを受け、笠原寛県教育長は22日までに、県教委と地元関係者との間で、同地区の県立高校の在り方について意見交換する機会を早期に設ける考えを示した。沼田、沼田女子の統合を含む計画策定を求める意見書が沼田市議会などから提出されており、将来的に生徒数の減少が見込まれる中で、対応を急ぐ必要があると判断した。

 両校の統合を巡っては、県教委が2005年に統合案を示したが、男子校、女子校としての伝統を重んじる同窓生らの強い反発を受けて凍結となった経緯がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事