金沢充隆氏が県議選出馬へ 藤岡市・多野郡区から無所属で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
金沢充隆氏

 来年春の群馬県議選で、4月の藤岡市長選に立候補した金沢充隆氏(41)=同市西平井=が藤岡市・多野郡区(定数2)から無所属で立候補する意向を固めたことが22日、分かった。

 上毛新聞の取材に、金沢氏は「(市長選の)落選後、多くの方から政治の現場で地域の発展に貢献してほしいという声をもらった。住民に寄り添いつつ、県政の立場から人口減少社会の課題に取り組みたい」と述べた。同区は新井雅博氏(57)の市長選転出に伴い、欠員1となっている。自民党現職の金井秀樹氏(68)が党公認を得たほか、15年の県議選で自民党推薦で出馬した元市議の神田和生氏(42)が立候補を検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事