選ばれる野菜へ農薬使用研修会 JA太田市
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
農薬の使用法を学ぶ生産者ら

 消費者に選ばれる安全な野菜を栽培しようと、群馬県太田市農業協同組合(JA太田市、茂木武治組合長)は8日、農薬の適正使用を促す研修会をJA太田市本所で開いた。市内の生産者100人が農薬使用の注意点について理解を深めた。

 県農政部技術支援課の担当者らが講師を務め、農薬使用に伴うリスクや、散布前に確認する事項を説明。参加者は、農薬を器材や肥料などと分けて保管することや、野菜の生産過程における管理の重要性を学んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事