中心街再開発「待った」市に協議の場 要望 前橋商工会議所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県前橋市中心市街地の再開発計画で、前橋商工会議所の曽我孝之会頭は13日、経済界や街づくり関係者らとの協議の場を設け、再開発の方向性を改めて検討するよう求める要望書を、山本龍市長に提出した。8日に始まった委託事業者の公募についても「時期尚早」として抜本的な見直しを求めた。山本市長は協議の場を設ける方針を伝えた。

 地元経済界が再開発の手法を巡り、待ったをかけた形だ。市は地権者として参画する準備組合の事務局を務めており、曽我会頭が市役所を訪れ、山本市長に要望書を手渡した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事