高崎市 がん患者助成 ウィッグ、補整具購入で 来年度にも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 がん患者の社会生活を支援しようと、群馬県高崎市は来年度にも、治療による脱毛や乳房の切除手術を経験した患者に対し、医療用ウィッグ(かつら)や胸部補整具の購入費用を助成する制度を新設する方針を固めた。患者の精神的、経済的負担を軽減し、社会復帰や生活の質向上を後押しする。

 市内在住でがん治療をしている人が対象。医療用ウィッグや胸部の補整下着、シリコンなどで体のパーツを再現する「エピテーゼ」などの購入費用について、1回に限り3万円まで助成する方向で検討している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事