山本一太氏が県知事選で独自世論調査 「ダブルスコア」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来夏に実施予定の県知事選に出馬を検討している自民党の山本一太参院政審会長は23日、自身が行ったとする知事選の世論調査の数値を公式ブログで公表した。自身や現職の大沢正明知事らの名を挙げ、県民の支持動向を調べた内容。立候補を検討中の政治家が、自身が行った世論調査結果を公開するのは異例。

 山本氏はブログで、県民が誤った情報に惑わされないように信頼性の高い世論調査を実施したなどと説明。自民党県連内には現在3期目の大沢氏の続投を望む声がある。大沢氏は現在、知事選への態度を明らかにしていない。

 ブログによると、調査は17、18日に電話で実施。「全体としては、山本一太が大沢知事をダブルスコアで引き離している」などと記している。山本氏は参院当選4回。上毛新聞の取材に対し、山本氏は「今回の結果と後援会長の話、自分がふさわしい人間かを考えて、年内に判断したい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事