県内ガソリン、7週連続値下がり 5月以来の140円台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省資源エネルギー庁は5日、群馬県内レギュラーガソリンの1リットル当たり平均小売価格(3日現在)が前週比3円10銭安の148円10銭だったと発表した。7週連続で値下がりした。140円台となったのは5月14日以来。

 全国は2円60円安の151円30銭で6週連続の値下がり。前週に続き、47都道府県すべて値下がりとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事