「アグレッシブな取り組みを」 知事像で高崎市長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 来年夏の群馬県知事選について、高崎市の富岡賢治市長は6日の定例会見で、自民党県連会長の山本一太参院議員(60)の出馬表明に関連して知事に求めることを問われ、「群馬県は何でも中間。積極的な、アグレッシブな取り組みをしてくれる方がいいと思う」と述べた。

 山本氏を「(山本氏の政策の)アイデアをパクったこともある。なかなか大した者」と評したものの、支援するかどうかは言及しなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事