ダム本体の打設 4~6月に完了 県が見通し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 長野原町の八ツ場ダムについて、群馬県は11日までに、11月末時点でダム本体のコンクリート打設高が完成高(116メートル)の約9割に達し、来年4~6月にダム本体のコンクリート打設が完了する見通しだと明らかにした。

 打設完了後、ダムにいったん水をためる試験湛水たんすいを行う。基礎地盤などの安全性の確認を経て、予定通り来年度中にダムは完成するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事