ICT活用し道路除雪作業 吉岡の県道で県試行
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 建設業の担い手不足に対応するため、群馬県は25日、吉岡町上野田の県道前橋伊香保線で情報通信技術(ICT)を活用した除雪作業を試行すると発表した。人工衛星で位置情報を取得し、地盤データに基づいて除雪ブレードを自動制御する「MCグレーダー」を使った道路除雪は全国初という。

 上野原交差点から伊香保に向かって約1キロの区間で、1月15日~2月28日に行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事