防火用の遺構「珍しい」 三軒屋遺跡で現地説明会 伊勢崎市教委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊勢崎市教委は、一部が国指定史跡の三軒屋遺跡(同市上植木本町)で現地説明会を開いた。地元住民や研究者ら約60人が訪れ、本年度の発掘調査で新たに見つかった遺構を見て回った=写真

 同遺跡は奈良・平安時代の役所跡で、2005年に全国で初めて八角形倉庫が確認された。11月からの調査で税として集めた米を保管する正倉院を区画する大溝や、防火用と考えられる池状遺構が見つかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事