詐欺文面 AIが判別 弁護士の川目さん アプリ無料配信
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
架空請求判定アプリ普及で協力を約束した村山町長(右)と川目弁護士

 群馬県大泉町の顧問弁護士、川目武彦さん(40)=埼玉県川越市=らが、はがきの文面を人工知能(AI)が読み取って架空請求を瞬時に見破るスマートフォンのアプリを開発し、無料で配信している。町は架空請求はがきの文面を提供するなど開発に協力しており、町民にアプリの利用を呼び掛けるチラシを近く配布する予定だ。

 川目さんが同町役場を訪れて開発と無料配信を報告すると、村山俊明町長は「町内だけでなく、近隣市町村や取引のある金融機関などにもアプリを推薦して普及を後押ししたい」と協力を約束した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事