「悩んで、迷って生きて」 太田女子高で起業家講演会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 キャリア教育の一環として、群馬県立太田女子高校(大熊信彦校長)は8日、太田市の同校で起業家講演会を開いた。妊娠を目指す「妊活」中の女性を支援する会社、ライフサカス(東京)社長の西部沙緒里さん(前橋女子高出身)が講演、1年生280人が耳を傾けた。

 がんを患って不妊に直面したという西部さんは、女性を取り巻く日本社会の不条理な現実を目の当たりにして「当事者を応援し、日本の不妊治療を変えたい」と起業。講演では自身の闘病生活や不妊治療の体験、起業までの経緯を紹介した=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事