僧衣で運転いけないの? 福井で反則切符に県内僧侶から抗議の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 福井県の40代の男性僧侶が昨年9月に僧衣を着て車を運転、操作に支障を及ぼす恐れがあるとして交通反則切符(青切符)を切られたことを巡り、全国の僧侶から疑問や抗議の声が上がっている。同県と同じく、群馬県でも道交法の施行細則に運転時の服装や履物に関する規定があり、波紋は県内にも広がる。県内ではこれまで僧衣に関する摘発は確認されていないが、県警は「ハンドルやブレーキなどを操作しやすい服装での運転を心掛けてほしい」としている。

 男性僧侶が所属する浄土真宗本願寺派の本山・西本願寺(京都市)によると、昨年9月16日、福井市の県道で軽乗用車を運転中に警察官に制止、「服装が違反」と告げられ、その場で反則金6000円の青切符を渡された。当時、白衣はくえという裾が足元まである浴衣のような服に、布袍ふほうと呼ばれる僧衣を羽織っていた。寺側は「服装が理由の取り締まりは初耳」と驚き、反則金の支払いを拒否している。

 報道後、会員制交流サイト(SNS)には僧衣で縄跳びなどをして柔軟な動きが可能とアピールする動画が「#僧衣でできるもん」というハッシュタグ(検索目印)を付けて続々と投稿され、話題になっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事