未来へ自然残そう 前橋でエコクラブ交流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自然環境の大切さを伝えるクラブ員

 環境保護や自然学習に取り組む「こどもエコクラブ」の交流会が、前橋市児童文化センターで開かれた。県内のクラブから約90人が参加。互いの活動を紹介し、地球の未来を考えた。

 「なんきつ子どもエコクラブ」「前橋市児童文化センター環境冒険隊」「高崎イオンチアーズクラブ」の3クラブと、前橋若宮小緑の少年団が発表。写真を投影しながら、赤城白川の水質を調べたり、みなかみエコパークを学んだりしたと報告した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事