「広報きりゅう」68年間振り返る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県桐生市の広報誌「広報きりゅう」を通して、桐生の68年間を振り返る企画展が、同市巴町の絹撚記念館(三井雅彦館長)で開かれている。1950年の創刊号から昨年3月の1500号までの表紙を展示。市役所庁舎の完成や八木節を踊る人々が表紙を飾り、市民が懐かしそうに見入っている=写真。5月6日まで。

 63年にイタリア・ビエラ市と国際姉妹都市の提携、同市出身の女優、篠原涼子さんの観光大使任命式、2017年4月に死んだ桐生が岡動物園のアジアゾウ「イズミ」の生前の姿などがずらり。旧新里、黒保根両村の最後の広報誌も並ぶ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事