湯振り掛け息災願う 四万温泉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 温泉の恵みに感謝する「湯立(ゆだて)祭」が20日、群馬県中之条町の四万温泉発祥の地とされる御夢想(ごむそう)の湯前で開かれ、約300人の観光客らが神事や福まんじゅう投げなどを楽しんだ。

 同温泉の旅館で働く女性が扮(ふん)したみこが湯をササで周囲に振り掛け、無病息災を願った=写真。宿泊券などの景品が当たる福まんじゅう投げでは、集まった多くの人がまんじゅうを求めて手を伸ばした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事