闇に輝く氷の彫像 東吾妻の薬師温泉 旅籠でライトアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 氷の彫刻を展示する「氷の祭典」が4日、群馬県東吾妻町本宿の旅館「かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠はたご」で始まった。日没後にライトアップされ、宿泊客が電飾の光で浮かび上がる氷像を楽しんだ=写真。17日まで。

 古民家の軒下に、今年の干支えとのイノシシや高さ約2.5メートルの馬に乗った武将など約30体が並ぶ。問い合わせは同旅館(電話0279-69-2422)へ。


 【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事