男女とも働きやすく シンポで提言次々 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 性別を問わず、誰もが働きやすい社会の在り方などを考えるシンポジウム「男女ともに生きやすい社会を考える」(群馬県地方自治研究センター主催)が9日、前橋市の県公社総合ビルで開かれた。大正大心理社会学部の田中俊之准教授らが登壇し、「育児に関われば視野が広がる。地域活動も同じだ」「(議員などの)女性の割合を高めるだけではなく、風土を変えることが重要」などと意見を出し合った=写真

 桐生市で介護事業を営む「COCO―LO」の雅楽川陽子さん、共愛学園前橋国際大学長の大森昭生さん、連合群馬女性委員会事務局長の唐沢忍さんも参加した。田中さんは男性中心の労働環境が“慣習”となっており、「真剣に考えなければ変えるのは難しい」と強調。雅楽川さんは男性社員の育休取得率を高めるために、「経営者自らが社員に促すことが大事」とした。

 大森さんは女性のさらなる活躍に向けて、行政の積極的な関与の必要性を、唐沢さんは教育現場では性別ごとの役割が色濃く残っていることなどを指摘した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事