警察業務やりがいは 前橋署で職場体験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パトカーの説明を受ける参加者

 来春卒業見込みの高校生や大学生らを対象にした群馬県警へのインターンシップが9日、前橋署(田中圭一郎署長)で開かれた。県内外から約60人が参加し、警察業務を学んだ。

 参加者は、パトカーや白バイに乗って車両の説明を受けたり、道具を使って指紋採取に挑戦。仕事のやりがいや日々の業務などについても、警察官に質問していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事