公立高66校で前期選抜入試 1万2751人が挑む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県内公立高の2019年度入学者前期選抜が13日、全日制課程とフレックススクール計66校で行われ、連携型選抜を含めて1万2751人が学力検査などに挑んだ。

 インフルエンザなどを理由に46人が別室で受験した。14日は一部の学校で面接などが行われる。合格発表は21日の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事